FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
娘も6歳、今までの子育てに足りなかったもの
先日、虹色教室の勉強会に参加してきました。

今まで、子供を連れて、算数や科学クラブなどに参加したり、親子レッスンをしていただいたりだったのですが、

それはそれで、スウと王子のことをしっかりみていただいてとても勉強になっていたのですが、

今回はまた違った意味で、自分の子育てを振り返るいい機会になりました。

運良くパパさんが、お仕事がお休みだったので、カレーをしこんでおいたら、家に戻ると子供たちと就寝前の絵本読みきかせまでしていてくれて、

感謝感謝!

勉強会で学んだこと、いつも心のどこかにとめておいて、焦ったり悩んだりしたときに、何が大事なのか、どこをフォーカスすればいいか、

立ち止まって考える、指針になりそうです。

早めについたので、先生と少し1対1でお話する機会があって嬉しかったです。ちょっとキンチョーしたけれど、

やっぱり先生って子供をよく見抜いてらっしゃるっと感動しました。今の子供の姿を分析しつつ、将来を必ず見据えていらっしいます。


一方私は少し自分の硬い考えが広がったかな?そんな気がします。

モンテッソーリ教育はとっても素晴らしいし理論も考えも子供の本質を見抜いていると思う

けれど、モンテッソーリ教育のカリキュラムどおりのアプローチしかなかったら、

子供は偏ってしまうかもしれない。赤ちゃんの時からモンテ一色で関わってきました。変に木おもちゃにこだわって

購入したこともありました。

要はバランス。モンテの敏感期や心身の発達のプロセスをもとにしつつ、アプローチは時に教具だけに頼らず

外遊び、工作、ゲームなどいろいろなところから子供の持っている能力を引き出す助けにしてあげるってことかな。

逆に言えば、それが出来る広い視野をもった人(教師、親)でないとモンテの教具は無意味なってしまうほどかもしれません。

スウは何か発達障害というより、経験不足からもうまく表現できなかったり幼かったりもあると思うと始まるまえに、

ちょっとご助言いただいて、

実際勉強会に出るとほんとに経験不足だったーっと納得しました。

今だにごっこ遊びが大好きなスウなので、お家でもうちょっと工夫して遊んでみたいと思いました。

絵本クラブの記事も出ていますね。写真をみただけで、王子もスウもいいなーやりたいーっと言ってます。

こういった表現する遊びが子供の能力を伸ばすとするなら、王子の幼稚園も少し取り入れたところを選ぼうかなっ

と思って願書提出まであと少しですが、色々悩み中です。

算数は食べものに煩いスウ。それに絡めるとすぐ覚えるんです・・・。

子供は時に感情とセットで物事を覚えるそうです。パパさんは、ウンウンそうだそうだと言ってました。

パパの方が子供に近い存在かもです












コメント

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは!
ほんとに・・・モンテはとても良い教育法だと思うし、
実際に娘に役立ったと思うけど・・・

今も通信で勉強中ですが、結局のところ子どもをよく見て、
子どもに共感していくことが一番なんだな・・・と最近強く
感じるようになりました。

なおみ先生はとってもよく見てくれているし、
今出来ることではなく、将来を考えてアドバイスくれて
いいですよね~

一応工作~は私も応募してみました!
しかし、夏もハズレたし凄い人数になってたし、
無理っぽいです(笑)

おまけに工作イマイチなんですよね、本人は。
スゥちゃんは楽しめそうですね!

どっちも当たりますように(祈)
asibe | URL | 2010/09/21/Tue 11:44 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2010/09/25/Sat 20:30 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © スゥと 王子の ほっこり日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。