スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子供の自由な時間の大切さ
9月に入ったというのに、

暑い。送り迎えだけで、ハンカチも服もびっちょりです。

2学期も始まって、スウも元気よく通っています。

朝、早くしなさーいと怒鳴ることが減りました。それだけでも朝のイライラが減って親子ともどもすっきりです。

けれど、ここのところ、毎日、バスを降りるなり公園で遊びたがります。勿論、バスのお友達兄弟も一緒に。

なんだかなあと、二人の年長さんの話をきいていると、

「忙しい。遊ぶ時間がない。友達とおしゃべりもあんまり出来ない。」

とか。夏季保育が月末の二日間あったけれど、その時も「お友達としゃべったのー?みんな元気だった?夏休どうだった?」ときいても、

二人そろって、「あんまり話す時間がない」。

どうやら、始まったとたん、お仕事も開始で、お遊びがなかったよう。

二人とも、公園にいったら、お猿さんのように走り回り、よじのぼり、喧嘩もし、水遊びし、発散しております。

運動会で大役も果たさなければならないし、演技の練習もスウにとってはとっても得意分野で楽しいのですが、

自由に空想したり、発想したり、友達とごっこ遊びしたりする時間がなくなると、それはそれで、よくないのですね。

お仕事の時間は、皆がそれぞれ、黙々と自分の仕事をしているわけです。無駄なおしゃべりはありません。

お仕事で知ったこと、

運動会の練習で知ったことを、子供たちだけで、確認したり、運動会ごっこしたり、数のお仕事で学んだことを使って、

お店やさんごっこしたり、そんなことが出来たら、言うこと無しなんだけどなあーと思ってしまいます。

幸いクラスは違うけど、一緒にお猿さん??になって発散しあうバス仲間がいるのは

ほんとに、嬉しいし出会えてよかったです。

帰りは頭から足まで水浴びしてぐちゃぐちゃなときもあるけれど、子供のキラキラした笑顔をみていると

こっちも笑顔になれる一時です。






コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © スゥと 王子の ほっこり日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。