スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目標にむけて頑張る力、自分で計画する力
毎日じめじめして、すっきりしないお天気です。

それでも、子供たちは毎日元気に過ごしています。思えば、スウも大分体が強くなったなあ。

年長さんになって、しばらくたちますが、

スウの苦手な言葉のことで、療育のようなところに通うことも検討しました。

けれど、急に成長してきた、スウにとって数回かよったけれど、苦痛を訴えたためやめてみることにしました。

今回のことはほんとにいろいろ親として悩みました。一度いってしまうとそれをやめるってほんとに勇気が要ります。

でも、幼稚園でとても成長していることを教えていただいたり、

先日のバトンのテストや、幼児教室でいろいろ学んできてとても楽しんでいることを認めて、焦らず見守っていくこ

とにしました。

バトンと幼児教室は自分から行きたいといい始めたのですが、飽きっぽいスウが絶対にやめたがらないんですよね。

自分の得意分野をよく伸ばしてくださる先生に出会えたのかな。

幼稚園では、

逆上がりができるようになりたい。だから、この部分(足とか)をもう少しこうしていってすれば出来るようになるは

ずだからといって、お外遊びのときに自分から取り組んでみたり、

今日は年長さんの集まりがあるから、何時までにお仕事をして、はやめにお片づけをしておこう。

とか、時々は、お友達に、時間がきたからそろそろ準備しよっって誘ったり、

世界地図のお仕事で最後大陸の名前をスタンプするのを何度も失敗したようですが、

疲れていても、先生が助けようか?といっても、自分でやり直してやり遂げて出来たときはほんとに喜んで

他の先生にまで見せにいったとか、

ほんとに嬉しいお話ばかりでした。

家では甘えん坊で泣き虫なのに外では頑張っていたようです。

満3歳から通って、担任の先生も持ち上がりです。

先生のスウへの関わりもいい方向にむかってとてもいい感じになってきているようです。

最近では、ママにも言えないことを相談したりもあるようです。ほんとうは、療育に行きたくない

こともお話していたようです。

先生を信頼して、最後の園生活、楽しく充実して過ごしてくれたら何もいうことないなと思います。

そう思った矢先、

昨日、一輪車で遊びたいと、玄関先からマンション下まで出るときのこと、

まだ最高3回転ぐらいしかこげないのに、

壁やら手すりを伝ってかなり最後外で遊べるところまで、失敗してもそこからやり直し、やり遂げました。

昨年お友達の家で借りて気に入って買った当初は、ほんとに、出来ないと泣いてばかりで、絶対乗れるようになりたい

という意欲は感じれず、放置していたのですが、

成長しました。コツコツと努力することも時には必要だとわかったのかな?

見ていて嬉しかったです。

ただ、手すりより、ママの腕のほうが、太いなあ・・と小声でいったのは余分でした









コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © スゥと 王子の ほっこり日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。