スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春季短期スイミング
3月の春休みは、体調不良で過ぎ去ってしまった我が家です。

最初に風邪で寝込んだスウはすっかり元気になり、

スイミング教室のご好意で後半のレッスンに振り替えていただき、

5日間のスイミングに励んでおります。

スウは夏休みにも通ってたんですが、あれから時間がたち過ぎ、やはり、顔付けからやり直しです。

でも、自信がついてくるのが早かったです。一日目なんかはお友達の水しぶきがかかるたび顔をぬぐうので、

「こりゃ、大変だーっ」と思わずパパにメールしてしまったのですが、

自信がつけば、やる気になって随分顔をつけれるようになりました。水しぶきも平気に。

感覚統合の面からも、水泳はいいと耳にしますが、今回もそれを感じます。夏もスイミングをした後言葉が増えたのですが、最近は何をするのも、自信がなかったのが、プールで出来るとコーチと全身で喜ぶことで、とっても自信がついてきたようです。
たまたま、ショッピングセンターに行ったときに、幼児教室の体験をしたのですが、
その先生も水泳コーチのような、出来ると両手でハイタッチして喜びあうそんな乗り乗りが、スウにはぴったりなようで、
楽しかったーっと大喜びでした。

小さなことでも褒める、喜び合う。それが、大切なんだなと改めて思いました。バトンの先生はお若いのにそこが上手い!春休みは風邪でお休みしますとメールしたら、とっても頑張っているので、いっぱい褒めてあげてくださいねーとメールを頂きスウにも伝えると大喜びで、益々バトン大好きなようです。


ところで、スウに幼児教室の先生って教え方誰かとちょっと似てなかったー?っと言うと、

「パパでしょ!

「やっぱり、スウもそう思ったのねー」っと

盛り上がりました。

幼稚園では、モンテッソーリだからか、担任の先生の性格からか、あまりそのようなテンポや乗りはありません。
モンテのいい面も沢山あるのですが、スウの場合、少し視野を広げなければいけないなと最近感じています。

そして、わたしも、結構淡々とこなすタイプなので、スウには寂しかったのかもしれません。でも、パパがノリノリなんでバランスとれてるといいのですが。

ブロックのオンライン教室も、工作も最近創作意欲が小さくなっちゃって、なおみ先生からもいろいろとアドバイスやお話をきいてきて、失敗をおそれ過ぎたり、自信のなさで本来のスウの良さが出てこなくなったなと心配していましたが、
春休みのいろいろな経験でまた自信をつけていってくれたらなと思います。

ところで、スイミングですが、習いたいのは幼児教室らしく、
水泳はパパのお休みの日にプールに通ってパパの指導と受けるっということになりました。

パパは体育会系なので、「よっし、まかせて」の一言。王子も教えねばなっとつぶやいておりました。

明日は最終日。最後はよくがんばりましたの賞状がもらえます。
夏よりも一つ前に進めているといいね!












コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © スゥと 王子の ほっこり日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。