スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目標を持つ
図書館で、ADHDのペアレントトレーニングの本を借りてきたので育児の合間に読んでいます。
これは、どの子供にも有効なものかもしれません。
1.してほしい行動
2.してほしくない行動
3.許しがたい行動、やめさせたい行動

この3つに子供の行動を分類します。
そうすることで、注目すべき肯定する行動がはっきりされ、そこを褒めることが出来、またしてほしくない行動には無視という行動をとると書かれていました。

まだ少ししか読めていませんが、まずこの3つを整理して、過ごしていこうと思います。
ただふとおもったのですが、そういえば、してほしい行動もスウはいっぱいしてくれているなと。
そこにもっと注目してあげなければいけないと反省しました。


さて、スウですが、昨日は朝の眠さはどこへいったのやら、ご機嫌で帰ってきました。お仕事もお外遊びも充実していたようです。
家につくなり、また地図の絵本に没頭していました。
「スウは、足し算のお仕事が終わったら、地図をするんだ!」っと読み終えたら話してくれました。
こういう明確な目標をはっきりといったのは初めてかもしれません。「〇〇がしたい。」っていうのはあったけれど、
少し先のことも意識できるようになってきたみたいで、嬉しく思いました。

ドラえもんのせかいちず (はじめてちずかん)ドラえもんのせかいちず (はじめてちずかん)
(1993/03)
不明

商品詳細を見る

夜眠るときには、お友達同士の話をしてくれました。どうやら、一緒に遊んでいた女の子のお友達同士が喧嘩になったてしまい、
スウはどうしたらよいのか、少し困ったようです。スウなりに、仲良く遊ぼうよ!っという気持ちはあったようですが、
うまく仲裁できなかったと。年長さんも今は発表会の練習で忙しいようで、同学年との遊びが増えているみたいです。
こうやって経験することも大事なので、話をきいてあげ、スウの気持ちを整理するのを手伝っていこうと思います。



コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © スゥと 王子の ほっこり日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。