スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
練習頑張る
スウはバトンを習っています。

先生に、次までに練習してきてねっとお約束したようで、家である型の練習をしています。

習い始めた理由は、実はフィギアスケートの真央ちゃんの踊る姿に憧れていて(勿論衣装にも)、フィギアをやりたいっていったんですが、申し訳ないけれど、フィギアには相当なお金がかかるそうでそれに、王子を連れて通うのは王子にも負担。
バレエも考えましたが、実際肌の弱いスウには知り合いのアトピーのお姉さんをみても大変そう。
運のいいことに、近くの体育館で、バトンをしていて、アットホームだし料金も高くないし、お友達にも誘われたので見学にいってみることに。
ディズニーランドで踊った選抜チームもあるらしく、すっかりスウもやる気になっちゃいました。

何より助かるのが親がついていなくていいこと。何をしているのかほとんどわからないことが難点ですが、
小さい子がいる親にとっては助かります。
そして何よりスウが楽しんでいます。

まだ秋に始めたばかりでクラスでは一番最後に入ったスウですが、
先生が大好き、バトンの練習と体操が楽しいみたいで、短期スイミングのようにイヤイヤ通うことがないので、スウには合っているんだろうな。
ディズニーオンアイスもキャーキャーいって喜んでいたし、
USJにいってもパレードに物怖じせずノリノリで踊っている人ですから。

また、モンテの幼稚園に通っているので、個々の子供に合わせて待つっていうの大事にしているのと、集団で先生から一方的に学ぶのが少ないのが気になっていて、小学校に向けて少しはそろそろ知っていたほうがいいかなと思い始めました。
勿論年長さんになると幼稚園でもそれなりにはあるようですが、体育会系ではありません。
それから運動が少ない。バトンの体験のときにスウがどれほど体が硬くて、動く物を扱う力が弱いのか認識しました。ボール遊び少なかったからかなあ。眼のことも関係あるかもしれませんが、家でしなきゃとその時思ったほどです。

ある物だけを押し薦めるだけでなく、その子の性格をみて
幼稚園とお稽古と外遊びいろいろなバランスをかんがえてあげる必要性を子育てしていると思うようになりました。

そして何より、母は全くバトンがわからず、これがまたスウの世界を伸ばすいいことかも。
つい知っているピアノとかになると、力が入って、イライラしてしまったり。
CMの影響で、本人もやりたがっているので、ピアノも習わせてあげたりけれど、ピアニストになるかもわからないし、焦らず、楽しんで音楽とむきあえたらなっと考えています。
童謡や園の聖歌なんかをひいてあげたり、少し教えてあげると弾けるようになりました。
とっても楽しそうです。母は、バイエルもハノンも大嫌いだったのでこういう入りだとスウも楽しいようです。





コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © スゥと 王子の ほっこり日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。