FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少しずつ自立心が見え隠れするこのごろ
毎日暑いです。

今年は節電をより行わなくてはいけない年ですが、

王子がダウンしてしまい幼稚園を休んでいます。どこにもいけず、昼間もエアコンをつけています。でも設定温度は29度。

湿度が取れるだけでも心地いいです。


スウは、先週はお腹の調子を崩したりもありましたが、元気に復活し、暑い中登校しています。

でも学校が近いのでまだ救われているほうです。

そんなスウですが、最近反抗期?みたいです。反抗といっても今までとは違い、

いろんな意味で小学校へ行くようになって親離れしたせいもあり、

親の言うことが全て正しくはない・・・、みたいなことに気づきいちいちこちらの発言に絡んできます。

その一方、赤ちゃん???みたいに甘えてみたり。

まだ学校へ行き始めて3ヶ月ですもんね。

疲れもあるでしょう。まあ、ビシッと叱るときもありますが、帰宅後もクラスの友達と遊ぶのを楽しんでいるのをみると、学校楽しくてよかったね!成長したわと思います。

ま、これも、スウだけと関わっていると「ほんとにうちの子だけ反抗期?」

なんて思うのですが、今の家に越してきていろんな子が出入りしたり関わるようになって「この時期はこんなものか」といい意味でわかるようになったのが良かったです。
土日もご近所皆さんでビニールプールで、ワイワイしています。


平日の帰宅後はランドセルを置いて宿題をしたら、ピンポーンとお誘いのチャイムが鳴りお外で満喫しているスウ。

でも、まったりする時間も時々あって、そんな時、

「ねえ、どうして、人間は味がわかるんだろう・・・」と疑問を投げかけてきたので、

「ウーン、他の生き物はどうなんだろうね。スウはどこで味を感じているの?」

「口のような、喉のような、でも頭のような・・・」と答えてまたまた考えにふけっておりました。

何週間か前になりますが、

ブタがいる教室という映画をテレビで放送していたのですが、

かなりはまっていました。役者の子達と一緒に真剣に考えているスウ。「嫌だ、ピーちゃんはかわいいから、

食べないでほしい!」「でも・・・」といいながらみていました。

なにか、感じることがあったのでしょうか。

小学校でどんなことを学んでいるかは、私にはうわべの宿題などでしかわかりません。

反復練習のみの学校でなく、いろいろと考える時間があるとうれしいなと思います。

そんなスウは図書委員。金曜日に図書の日があるので、その日は張り切っていっております。


外でいっぱい遊んでいるので、夜はあわただしく過ごしていますが、

時間があると、夕食のお手伝いをしてくれます。これが意外と手際よくて、

パパより使える!!と昨日は本気で思いました。

小さい頃から料理ずきなスウ。全部させるのではなく、

すこしずつ、すこしずつ興味をもった部分から教えていった成果が

今出てきて、工程がつながってきて、ほんとにいい助手になってきました。









スポンサーサイト
ピアノを習いはじめました
ゴールデンウイークもあっという間に過ぎました。

王子がおたふく風邪になってしまい、前半はまるまるつぶれてしまい、後半は友達との計画もキャンセルしてしまったので、

家族とゆったりと過ごしました。

2日の一日だけの中日に病院に走り、治癒証明をいただいて、甥っ子と3人で遊べたのでよかったです。

さて、スウですが、

ピアノの話。

習いたいといい始めたのはかれこれ何年前でしょうか。でもメガネをかけ始めたのもあり、楽譜はやっぱり目に負担が多少は及ぼすこと、

それから、なんといっても性格が超直感っ子なんで、

私の経験上、地道にコツコツ練習なんて程遠そうだし、ピアノは親も練習に付き合ったり、王子も通うのにつきあったりで、

運動系とは違うので躊躇していました。

とにかく、言われたことをコツコツこなすのは私は好きでしたが、やっぱり嫌いな曲もあったし、ピアノが楽しいと思えたのは、

高校で合唱部に入ったころからでしょうか。それまでは、ピアノの先生が、音楽一家にも関わらず、とても優しい先生で、

お子さんが私より小さかったこともあり、生徒も私が一番年上なこともあり、先生の子育て相談に乗ったりしておしゃべりが楽しかったり、

学校の小、中学の合唱祭でピアノ伴奏に当たったときに、通常のレッスンよりこっちを優先して教えてくださったりしたことが、よく記憶に残っています。

ですから、ピアノの先生との相性はかなり左右されることだと思うので、

特にスウのような性格・・、果たして合う先生なんてみつかるだろうか・・・、まあそのうち・・・。

なんてのん気に構えていたら、小学生になっていたということです。

でも、待ったかいがありました。本人の本気度もアップしていて、

さらにとてもいい先生にめぐりあえたことです。ひょんなことから、お友達になった方から紹介していただいたのですが、

家も近くだったこともラッキーでしたし、先生のお人柄は素敵!。

私が先に紹介してくださった方と一緒に

お会いさせてもらったんですが、ぜひにと体験レッスンをさせてもらったら、

まさにスウのつぼに入ったようです。

こちらの先生も音楽一家なのですが、先生本人は、

ピアノのみを突き詰めて愛しておられる方ではなく、他の楽器も得意とされ、歌のお仕事もされ、市の文化復興会員でもあり、

さらに実は私の昔の合唱メンバーとつながりがあったこことから、ますます親近感。

さっそく連休あけから本レッスンです。

体験レッスンでは、まずは歌を歌いなが音楽を楽しみました。

幼稚園でうたっていた、幼児聖歌で、スウの大好きなナンバーを用意してくださり、一緒に歌ううちに、

スウの緊張もほぐれてノリノリでした。広いお家に、先生の澄んだソプラノの声とかわいいスウの声が響きわたり

きいていて心地よかったです。

先生は、福祉活動もされているため、障害のあるお子さんに楽器を教えたり、ピアノの方も、長く集中するのが苦手な子も沢山習いにこられているため、

許容範囲が広く、教え方もバイタリティあふれていました。

スウは幼稚園で、ピアニカをしていたこともあって、

少しだけ楽譜が読めるということで、早速ドレミまでの音感レッスンとともに、筆記のほうもしてくださりました。

スウのおたまじゃくしが、どうしても細長くなってしまうと(ゼロの書き方で書くから余計)、先生は

「これじゃ苺ちゃんになってしまうよー」っと

苺ちゃんを書いてしまうぐらい楽しくおしえてくださりました。

子供と関わるお仕事、いつか戻りたいと思うこのごろですが、

そういう意味でもほんとに勉強になるひとときでした。

親子で次のレッスンが楽しみです。

初めてピアノレッスン








一ヶ月振り返って
学校が始まって一ヶ月がたちました。

スウは毎日元気に通っています。幼稚園のときは登園拒否をしたりそれはそれは波乱万丈でしたが、

親の心配をよそに毎日が楽しいようです。その楽しさの約8割は給食なのもスウらしいところです。

初めての参観もありました。

給食参観ということでしたので、味見とかあるのかしら?と少し期待しながら行ったのですが、

公立小で親の分まであるわけがありませんよね

でも嬉しそうに給食をほおばるスウをみていて楽しかったです。


でも、まあいろんなことを覚えてきます。学校で覚えてくることもしかり、

友達間から、悪い言葉も覚えてきています。

王子がまだまだかわいい会話で、わかりにくいことをいっているとすかさず、「きもちわる!」


なにそれ?ときくと、変なことをいうと「きもちわる」というのが流行りだそうで。まあ、私の小さなころも

「キモ!」とか深い意味もなく流行っていましたから、そんな感じだとおもいますが、

そこはしっかりと人に使っていい言葉か話しておきました。

幼稚園がわりと、親御さんがしっかりとした方が多かった分、言葉遣いなど

いろんなことに、小学校のギャップが大きい・・・。

のは 親の私のほうかもしれません


そんな元気いっぱいのスウですが、

引越しを期に習い事を変えました。

バトンを続ける気がなくなったらしく、遠いし、このまま続けたとして選手コースへといくのは、本人がその意志がないというので、

数ヶ月間話し合った結果、退会しました。

今は小学生になっていろいろ疲れているし、習い事が趣味でなく、負担になってはいけないというのが方針だったので、

良かったと思っています。

そのかわり、どうしてもやりたいことがある、それが、ピアノでした。

続きはまた。











ピアノ習わせるか・・・
110130_1112~010001
王子の調子はまあまあです。

走ったりはまだあまりさせたくないので、お外も控え気味にしています。本人も、走り出すとあっといけないと

やめています。

でも昨日はお散歩を少ししました。

薬のせいか、貧血のように顔は青白いので、ママもパパも王子の具合が気になって仕方ないのが本音です。



さて、スウ。

もうすぐ音楽会です。

担当はピアニカになった模様。しかも座って弾くほうじゃなく立て弾きパート。

「それで、弾けているの?」「途中からわかんなくなっちゃうんだよ・・・。わからない人は弾かなくていいよって先生がいうけど、悔しい」

覚えるのが苦手なスウさん。そこで、「一度紙に書いてみたり、歌でおぼえちゃうといいかもよ」

と、アドバイスしてみました。


次の日、紙を持参して幼稚園にいって先生に事情を話してから、書こうとしたスウ。

先生が楽譜をコピーしてくださいました。

それで、教えてほしいと言うので、

この土日ピアニカではなく、電子ピアノですが、まずは鍵盤の練習からはじめました。家事はなかなか進みません。


幼稚園では、ちなみに鍵盤に平仮名でシールを貼ってあるそうですが、

せっかくなんで、ここは覚えてもらおうと、まずは、どれみふぁその、鍵盤の位置の確認。

黒鍵と白鍵の位置や形で覚えるようにアドバイスして、問題を作ってみました。

なんなくクリア。

ドから数えて何番目で覚えているみたいです。

でも、実際曲を弾くとなると、何番目ーなんて数えてたら、指はすらすら動かない。


さてどうするか。

「スウの得意な形で覚えてごらん。黒いのが2本のところもあるし、3本のところもあるよね」

「うん、2本のほうが、ど とか れ みがある」

「そうそう、あとは、何回か練習するうちに指が覚えてくれるよ」

いやあしかし、ピアノの先生というのは本当に忍耐がいるお仕事だと思います。

我が子となると、ウッとかアッとか、アーとか言いそうになってしまうし、たまにふざけるとイラッとくるのを

押さえ押さえ・・・。

でも、何度か弾いてるとだんだん出来てきて、スウもノリノリになってきて、

スタッカートは、雨のしずくのように跳ねるように弾くとか、

四分音符は歩く早さ、8部音符は少し早く、8部音符が16個あるなんていうのも、覚えはじめました。

後は、遊び感覚でお風呂で大合唱して指を動かして遊んでみました。



そんなスウ、「ピアノを習いにいきたいなー」っといいはじめました。

うーんどうしたものか。習い事に生活が振舞わされたくないし、引越しもあり、まずは小学校に慣れることだと

思っていたのですが、

習いたいと言い出したタイミングと、リズム感の悪さと音程の悪さに、そろそろ音感の臨界期を感じつつもあり・・・。(王子のほうは、耳コピーが早いのと音感があるので合うかなっとおもってます)

引越しを期に、実家から私のアップライトピアノを運ぶつもりでいるので、少し考えてみようかな。

気が長ーい先生じゃないと、持たないな・・・。





























パパとの朝勉。
就学前になり、いろんな通信教育からDMがやってきます。

さて、我が家のスウ。どうしたものかと悩み中です。学校に入ると家庭学習をしてくださいっと言われるらしく

一年先輩のお母さん方に、勉強も、ピアニカも大変よーっと言われています。




と、その前に、この土日私の疲れがピークに達してしまい、子供たちを怒りすぎてしまいました。

王子の甘えっ子ぶりが強いので、スウと何かを集中して始めると邪魔しにやってきたり、膝の上に座りたがったり。

見ているだけならまだしも、口出ししたりするので、ゆっくりスウに関わってあげることが出来ません・・・。

王子に言い聞かせて、少し待つようにいっても、この世の終わりのような大泣きしてそれどころじゃなくなります。

家事は終わらないし、外遊びも行きたいというし、買い物もいかなきゃいけないし、やらなきゃいけないことが、

満載でついに、爆発!!。

仕事を終えて帰宅したパパに子供たちを託し、先に寝かせてもらいました。

他のお家はどうしているのかなあ、外をみると土日はパパが子供を外に連れ出したりしている間にママは家事をしたり、
逆もあったり、一人に関わっているときはもう一人は違うほうに甘えられるのかなあと思ったりして、

なんだかいっぱいいっぱいになり、凹んでしました。

その思いを聞いてもらい、少しでもスウの勉強でもなんでもいいからみてもらうように相談しました。

結局、時間を取れるのは、朝しかない。

ということで、

昨日から朝勉が始まりました。

といっても大したことはやっていません。サンプルでいただいたドラゼミの問題を1問やっています。


やっぱりパパのほうが教え上手、褒め上手。

そういや、私も勉強は父に教わるほうが好きでした。母とだとどうしてもバトルになっちゃうんですよねー。

スウと私もそのパターンなんでしょうか

さて、冒頭に書いた通信教育ですが、どれが、スウの家庭学習にあっているのか検討中です。

ベネッセは小さいときから、入会して入園後一度退会。年中後半で再入会したんですが、どうもワークが

カラフルすぎて、シールやらヒントやら多すぎて余計やりずらいようでやめました。

数ページ残っていたのでやってみましたが、ただこなしているだけで、

ワクワク感もあまりない問題みたいです。

けれど、入学前のDVDなんかはちょっと小学校に不安げなスウには参考になるかもしれないし、

何より目覚まし時計が欲しいようで。

教科書にぴったりあっているのは、チャレンジみたいなんで学校の進路がよくわかっていいよとも言われます。

問題は、ドラゼミのほうがシンプルで、面白いようです。たしかに問題も考えさせられるのはドラゼミかも。

ただ教科書に沿ってないのが不安な母。基礎固めをするか、果たしてスウの性格には、合うか。

私自身はポピーをやっていた記憶があります。それに学研の科学と学習もとってもらっていたなあ。

楽しかったのは科学と学習。今はないのが残念です。

Z会も今パンフを取り寄せ中です。後はパパさんが教えるので、検討してもらおう









Copyright © スゥと 王子の ほっこり日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。